WUB 20th Anniversary and The 21st WUB Network Conference was held in Honolulu, Hawaii.

WUB20周年記念式典及びWUBネットワーク第21回世界大会がハワイで開催されました。
WUB Video(YouTube)



スケジュール Schedule
・8月31日(木) ①午前:ビジネスツアー ②午後:WUBゴルフコンペ ③ショッピングツアー ④夕方:懇親会
・9月01日(金) ⑤終日:第21回WUB世界大会 ⑥夜:WUB設立20周年記念祝賀会
・9月02日(土) ⑦終日:オキナワンフェスティバル
Thursday, August 31 Business Tour, Golf Competition, Shopping Tour, and Party
Friday, September 1 The 21st WUB Network Conference, WUB 20th Anniversary Celebration
Saturday, September 2Okinawan Festival

ご挨拶 Greeting
 http://www.wubnw.org/topics/20170902/greeting.pdf
 WUBネットワーク会長 スティーブ喜舎場ソンブレロ  WUB Network, President Steve Kishaba Sombrer

基調講演 講演者:歴代のWUBネットワーク会長 Keynote Speeches: A Retrospective WUB Past Presidents
1.http://www.wubnw.org/hp/index.php?UID=1504360740 ロバート仲宗根 Robert Nakasone
2.http://www.wubnw.org/hp/index.php?UID=1504360680 呉屋守將 Morimasa Goya
3.http://www.wubnw.org/hp/index.php?UID=1504360620 与那嶺真次 Shinji Yonamine
4.http://www.wubnw.org/hp/index.php?UID=1504360511 牧志泰三 Taizo Makishi
5.http://www.wubnw.org/hp/index.php?UID=1504360359 長嶺爲泰 Oscar J.T. Nagamine
6.http://www.wubnw.org/hp/index.php?UID=1504360200 東 良和 Yoshikazu Tony Higashi
  プレゼンテーション presentation
  12.8:200:150:0:0:presentation-w200:left:0:0::0:


新聞報道 Press reports
ryukyushimpo.jp/news/entry-567219.html (アロハビールなどの記事 Business Tour(Aloha Beer, Zippy’s, Menehune Mac))
ryukyushimpo.jp/news/entry-567843.html (第21回世界大会開会式 The 21st WUB Network Conference)
ryukyushimpo.jp/news/entry-567465.html (WUB20周年祝賀会 WUB 20th Anniversary Celebration)
ryukyushimpo.jp/news/entry-567855.html (琉球新報表彰 Ryukyu Shimpo Special Award)
ryukyushimpo.jp/news/entry-568145.html (沖縄フェスティバル Okinawa Festival)
ryukyushimpo.jp/news/entry-568273.html (県立図書館が親戚探しに初出展 OPL helps to find relatives)
www.okinawatimes.co.jp/articles/-/136861 (開会式 Opening Ceremony)
www.okinawatimes.co.jp/articles/-/136872 (再生エネルギー Renewable Energy)
www.okinawatimes.co.jp/articles/-/138463 (深掘り In Depth(Report by Times reporter))
www.okinawatimes.co.jp/articles/-/139663 (ハワイで活躍!沖縄県系企業家(アロハビール、メネフネマック)Company introduction: Aloha Beer, Menehune Mac)
www.okinawatimes.co.jp/articles/-/139165 (ロバート仲宗根さん WUB二十周年 WUB 20th Anniversary Robert Nakasone)

関連マップ Business Tour Map


— posted by admin at 11:59 pm  

 

基調講演 1 ロバート仲宗根 Robert Nakasone

■英語

WUB 20th Keynote

Haisai Gusuyo !! Aloha
Uchinanchu Worldwide Network started when Toyama Kyuzo encouraged Uchinanchu to go to the 5 continents and make it their home. Uchinanchu aboard maintained contacts by sending money to their improvised families and relatives in Okinawa.
Ryukyu University Professor Ishikawa said that at one time over 60% of the Okinawa economy funds came from the Uchinanchu Issei
In the 80s Okinawa Times and Ryukyu Shimpo started to write about Uchinanchu abroad.

Shinichi Maehara then followed with his outstanding Okinawa TV series WORLDWIDE UCHINANCHU. Maehara was honored by the University of Hawaii with a honorary PhD.
Today I would like to start with clips from Dr. Maehara's TV program.

TV CLIPPING.

Let me continue, the concept of WUB was discussed at the 2nd 1995 Worldwide Uchinanchu Festival. I talked with Kenji Sumida then president of EWC about this. He offered to help this UNTESTED CONCEPT by appointing me as a EWC Visiting Fellow.
A few months later Bank of the Ryukyu made a sizeable general donation to the EWC. Kenji said that since this came from Okinawa lets use part of this for this project. Ryukyu Shimpo support soon followed.

This is how the 1st WUB conference began.
EWC continues to be a strong supporter of WUB and we are grateful for this.
At the end of the 1st conference we ask WHAT NEXT? Shinji Yonamine volunteered to hold the 2nd WUB conference 1998 in Brazil, with the largest number of Uchinanchu abroad

WUB Hawaii is small, but flexible and can be a catalyst. We needed momentum. We requested to Akira Sakima, Ryukyu Bank president to send a strong international leader to our first conference.
Morimasa Goya, now Chairman of Kanehide group, 4th largest Okinawa company became WUB 2nd president. Unfortunately he could not attend today.
Representing Mr. Goya is Mr.Shinichi Matsumoto, president of Kanehide.
Thank you, Mahalo, Ippei Nihei Debiru

■日本語

WUB20周年基調講演
ハイサイ グスーヨー!! アロハ

 ウチナーンチュの国際的なネットワークは、かつて当山久三が詠んだ「いざゆかん、我らの家は五大州」から始まっています。その頃海外に渡ったウチナーンチュは、故郷沖縄の親戚家族へ仕送りをし生活を支えることによって、家族親戚とのつながりを保っていました。
 琉球大学の石川教授によると、ある時期沖縄経済の約60%以上を海外に渡ったウチナーンチュ1世からの仕送りに頼っていたと言われています。
 80年代になると、沖縄タイムス、琉球新報各社が海外に在住するウチナーンチュの紹介記事を掲載するようになりました。

 当時前原信一さんがレポーターを務め沖縄テレビが放送していた「世界のウチナーンチュ」は大変素晴らしい番組でした。その後前原氏はハワイ大学から名誉博士号を授与されました。本日、私はこの前原氏の番組のクリップを見ながら話を進めてまいります。

TV Cliping

 WUBのコンセプトは、1995年の第2回世界のウチナーンチュ大会において初めて議論されました。 当時の東西センター所長だったケンジ・スミダ氏へ相談したところ、スミダ氏は援助を申し出てくれ、まだ真価がわからないWUBのコンセプトを実証するため、私は東西センターの無償の客員フェローへ任命されました。

 その2?3ヶ月後、琉球銀行から東西センターへ汎用的な活用を目的とした多額の寄付がありました。スミダ氏は、沖縄から届いた寄付なのだからと、一部をプロジェクトの資金として提供してくださいました。その後すぐに琉球新報からの援助を受け、そのおかげがあり第1回WUB会議をホノルルで開催することができました。

 このようにして今日のWUBは始まったのです。発足当時から現在に至るまでの長きに渡り、WUBの強力なサポーターである東西センターのご支援に深く感謝をしています。

 第1回会議終了時、参加者の間から ”What Next?” 「次はどうする?」と声があがりました。ブラジルから参加していた、シンジ・与那嶺氏が翌年の1998年にブラジルで第2回WUB会議の開催に手を上げてくれました。ブラジルは海外在住の沖縄県系人が最も多く住んでいる国です。

 WUBハワイは小規模ですが、フレキシブルで、WUB始まりのきっかけとなることができました。しかし私たちには推進力も必要でした。そこで当時琉球銀行頭取だった崎間晃氏へ、影響力のある国際的なリーダーを会議へ参加させてもらいたいと要請をしたところ、後に第2代WUBネットワーク会長を務める、県内で4番目の規模を持つ金秀グループ会長呉屋守將氏が参加されました。

 残念ながら呉屋守將さんは今回ご参加できませんでしたが、松本眞一株式会社金秀本社代表取締役社長が代理としてご参加いただいております。それでは、松本社長、よろしくお願いします。

 ご静聴ありがとうございました。マハロ!いっぺーにふぇーでーびる!

— posted by admin at 10:59 pm  

 

基調講演 2 呉屋守將 Morimasa Goya

■英語

20th WUB Network Conference in Hawaii

Honorary Advisor, Morimasa Goya

I heartily congratulate for holding the 20th WUB Network Conference.
The first contact point with WUB for me was twenty year ago. I was invited to attend a conference from Mr. Noboru Sakima, who was the president of bank of the Ryukyus and chief director of bank of the Ryukyus International Foundation. A lot of Uchinanchu from all over the world had gathered to attend in the "World Business Network Conference" in Honolulu in 1997. I have heard that the HUB (Hawaii Uchinanchu Business Group), the East-West Center, and the bank of the Ryukyus International Foundation had taken a lead to hold the conference.

Even though it was a business meeting, I thought lightly that it was a social gathering, such as golfing and dinner before I attend. However, it was a big misunderstanding. It was a network conference aimed at achieving international level economic exchanges and fellowship among Uchinanchu who is active in the world, with one aspiration for homeland Okinawa far away. And, WUB’s establishment was confirmed in the conference.
 And Mr. Robert Nakasone who has always been in the center of WUB activity. I met him and I was drawn into his passion, action, character, and the pride as Uchinanchu. We traveled to Singapore, North America, and various regions. The memories we talked about are deeply engraved in my hearts.

 What I am proud of as the best achievement of WUB in last 20 years is an announcement of the "Okinawa Peace Economic Declaration" at the 18th WUB Network Conference in Peru in July 2014. It is carved as follows in “Bridge of Nations Bell” (Bankoku Shinryo no Kane) that was hung in the main hall (Seiden) of Shuri castle during the Ryukyu Kingdom period. “The Kingdom of Ryukyu is a splendid place in the South Seas, with close intimate relations with the Three Nations of China, Korea, and Japan, between which it is located, and which express much admiration for these islands.

Journeying to various countries by ship, the Kingdom forms a bridge between all the nations, filling its land with the precious goods and products of foreign lands; in addition, the hearts of its people emulate the virtuous civilization of Japan and China.” as to show its pride as a marine kingdom. Various exchanges that utilize the Uchinanchu network that WUB boasts are having fulfilled their mission as putting emphasis on peaceful diplomacy, leading to the spirit of "Bridge of Nations (Bankoku Shinryo)", which became an international trade city.

Peru, my mother's birthplace, is the region where the Okinawan immigrants occupies the largest number within Japanese immigrants. It is also a special place where I have learned and impressed by how Uchinanchu immigrated to regions such as North America and South America in the past.

People who emigrated from Okinawa and their descendants are spreading around the world and it counted around 400,000 now. While thinking of their home Okinawa, Uchinanchu had put down roots and having been contributed to development of where they have migrated. They appreciate sincerely what have been given from where they live.

Noteworthy that there is the word "Diaspora" that the Jewish people has, Uchinanchu also has words that feel sense of overflowing globalism. Kyuzo Toyama, who is regarded as the "Father of Okinawan Emigration.", said "Let us go forth. The Five Continents are our home." I feel that it is an expression of self-esteem as descendants of the marine kingdom whose eyes turned to the world.

 I sincerely hope that embracing network and pride as this wonderful “Uchinanchu”, WUB will connect the world beyond the borders and expand to a strong one.
Lastly, I would like to express my sincere gratitude to the seniors who established WUB and opened the way to Uchinanchu. And we are hoping for young Uchinanchu to make most of this network and lead to further development.

■日本語

第20回WUBネットワーク会議inハワイ
          WUBインターナショナル 名誉顧問 呉屋守將

「WUBネットワーク会議」第20回目の開催を心よりお慶び申し上げます。
私とWUBとの出会いは、1997年にHUB(ハワイ・ウチナーンチュ・ビジネスグループ)、ハワイ東西センター、りゅうぎん国際化振興財団などが中心となり、世界各地のウチナーンチュが一堂に会した「世界ビジネスネットワーク会議」がホノルル市で開催され、当時琉球銀行頭取であった国際化振興財団理事長の崎間晃氏よりご案内を受け参加したことに始まります。

ビジネスミーティングとは言っても、会食にゴルフなど楽しむ、親睦会といったものと軽く考えておりました。ところが参加してみると、それは大きな勘違い。世界で活躍するウチナーンチュ達が遠く離れた故郷沖縄について志をひとつにし、国際レベルの経済交流と親睦を図る目的としたネットワーク会議でした。その「世界ビジネスネットワーク会議」において、WUB設立が確認され、以来20年間の結び付きとなりました。
 そしてWUBにおいて中心的存在となるロバート仲宗根氏。彼と出会い、その情熱、行動力、ウチナーンチュとしての誇りと人柄に私は引き込まれました。これまで彼と共にシンガポールや北米、世界の様々な地域を旅し、語り合った記憶は、今もなお私の心の糧となっています。

 WUB20年の活動で、私が一番の成果として自負している事は、2014年7月、ペルーでの第18回WUB世界大会において「沖縄平和経済宣言」を発表したことです。
その昔、琉球王国時代の首里城正殿に掛けられていた万国津梁の鐘には、このように刻まれています。「琉球国は南海のすぐれた地であり、各国の秀でた文化、名産をあつめ、船を万国の架け橋として貿易によって栄える国である」と、海洋王国としての誇りが示されています。WUBが誇るウチナーンチュネットワークを活用した様々な交流は、平和的外交を重んじ貿易によって国際都市となった「万国津梁」の精神に通じるものとして、その使命を果たせたと自負しております。

また、私の母の生まれ故郷であるペルーは、日系移民に占める沖縄県系人の割合が最大となる地域であります。北米や南米など世界各地に雄飛した多くのウチナーンチュのなかでも、とりわけペルーは移民の歴史について多くの感銘を受けた思い出の地です。今や世界に広がる沖縄県系人は約40万人。ウチナーンチュは故郷の沖縄を胸に抱きながら、生活するその土地に感謝し、根を下ろし発展に尽くしてきました。

注目すべきところは「ディアスポラ」というユダヤ民族に関連する言葉があるように、こんにちのウチナーンチュネットワークはグローバリズムに溢れた感覚でもあります。沖縄移民の父、當山久三氏が詠う「いざ行かん、吾等が家は五大州」の言葉は、世界に目を向けた海洋王国の子孫としての自尊の表れであると感じます。

 今後もこの素晴らしい「ウチナーンチュ」という絆と誇りを胸に、国境を越えて世界中で繋がるネットワークを強固なものに拡大されてゆくことを願っております。
最後にWUBを創設し、ウチナーンチュに道を開いてくれた先輩方に心から感謝を申し上げます。そして若きウチナーンチュの皆さんに、このネットワークの継承と更なる発展に向けた活躍を期待しております。

— posted by admin at 10:58 pm  

 

基調講演 3 与那嶺真次 Shinji Yonamine

■英語

Former Presidents Speech
Greetings to Mr. Steve Sombrero, President of WUB Networking, Mr. Bob Nakasone and members who supported this organization for the past 20 years. I am very proud to report the beginning of WUB Brazil. I started when I was honored with the appointment of Okinawa Goodwill Ambassador in 1990 and was also driven by my motivation and enthusiasm in keeping a strong and close relationship among all fellow community around the world, I attended at my own expenses the following events: North American meeting in Los Angeles (1991), European Meeting in Paris (1992), Asian Meeting in Bangkok (1993) and Latin American meeting in Brazil (1993).

After the 2nd Uchinanchu Taikai I was invited to attend the 1stt WUB Conference in Hawaii leading as my guests 7 members of Brazilian delegation and representatives from Bolivia, Argentine and Peru, maintaining a close relationship with WUB Los Angeles, in 1998

At that time I took the responsibility to organize the 2th WUB Conference in 1998, in Brazil, without even consulting the possibility with the Okinawan community in Brazil, assuming a great responsibility and duty to welcome guests from several countries of the world but being supported by the celebrations of the 90th Japanese Immigration in Brazil. We were honored with the presence of Okinawa authorities.

Thus, already as an associative, being named as WUB Association, we introduced Business Rounds and visits to companies for the 2nd Conference. The following conferences happened annually and, in 2008, on the occasion of Brazil’s Japanese Immigration Centenary celebrations the 10th WUB Conference was held.

As a consequence of all the conferences held through these years, a deep and tight friendship was developed among the members resulting in the opportunity to construct a wide net of Uchinanchus.

                      thank you

                      ippe nihe de biru

                      Shinji Yonamine

■日本語

 この20年間、WUBに貢献してくださった、WUBネットワーク スティーブ・ソンブレロ会長、ロバート仲宗根さんはじめ、皆さんへご挨拶申し上げます。

 私は、WUBブラジルの始まりをお話ししたいと思います。1990年に光栄にも民間大使に任命されたことをきっかけに、世界の全ての地域社会の人々の間に強く密接な関係を築きたいという気持ちがあり、1991年の北米ロスアンジェルス、1992年のヨーロッパパリ、1993年のラテンアメリカブラジルでの集まりに自費で参加しました。

 ロスアンジェルスの県人と密接な関係を築くことができ、第2回世界のウチナーンチュ大会後、1997年ハワイでの第1回WUB会議に招待され、ブラジル代表団7名に加え、ボリビア、アルゼンチン、ペルーの代表者と共に参加しました。

 1998年に第2回WUB会議をブラジルで開催することがハワイでの会議中に決定したのですが、その時はまだブラジルの沖縄県人とも相談できず、組織もない中での決断でした。各国からのゲストを歓迎する責任がありましたが、ちょうど日本人移民90周年の祝賀行事と共に開催できる運びとなり、支援を受けることができました。

 このような経緯で無事第2回WUB会議を開催し、ビジネスラウンドテーブルや、企業訪問などを企画し実行しました。1998年以降、WUB世界大会は毎年開催され、2008年にはブラジルの日本人移民百周年記念式典に合わせて、第10回WUB大会が開催されました。

 継続して開催された会議の結果、メンバーの深い、緊密な友情が育まれ、ウチナーンチュの幅広いネットワークを構築する機会を提供することができました。

                      感謝を込めて
                      イッペーニフェーデービル
                      与那嶺真次

— posted by admin at 10:57 pm  

 

基調講演 4 牧志泰三 Taizo Makishi

■日本語
WUB20周年によせて

 最初の頃は、参加国と会員を増やし、何か商売を作ることを考えていました。
ボブさん、呉屋さんたちと各国を廻り、ウチナーンチュを探しました。
各地でたくましく生活している県人や、色々な環境の県人をまとめることの難しさを知った。
 しかしその中に何か夢やロマンを感じた。それを肴に3人で毎夜ベッドルームパーティーをした。このことが今では一番楽しい思い出になっている。

 よかったなと思うことは、WUBで南米から東西センターに留学生を募集し奨学金の補助をしたことだ。将来が楽しみであり、是非続けて欲しい。
また、ある時期、金秀商事がアルゼンチンの県人からワインを輸入していたが、大変美味しく、アルゼンチンの宣伝にもなったのではないか。

 長嶺さんの頃だったと思うが、WUBで「平和と経済」のメッセージを出したが、大変良い目標になったと思う。
 初期の頃は「関税」と「輸送」の問題でできなかった商売が大半だったが、それがいまでは時代と政治が解決の道を見つけると思う。

 失敗例として「WUB投資会社」がある。目的は会員の夢の実現であったが、しかしアウトラインを当時の銀行家が作った為に条件が厳しく、また、借り手もイベント目的が多く収益に問題があり、何もできなかった。出資金を精算して会社を終わらせた。
この事は理想ばかりを追わず、身の丈に合ったものにすれば良かったと後悔している。

 ハワイの人々とおつきあいして考える事は、何事においても考え方が柔軟である事だ。今後は私もかくありたいと思う。

■英語

At the Beginning, I forcused on recruiting members. Traveling around countries to look for Uchinanchu together with Bob Nakasone and Morimasa Goya. I had in mind that we could produce business we have more members in Chapters around the world.

Visiting other countries and meeting Uchinanchu living there were exciting but at the same time, I learned the difficulty to put them together. They were Uchinanchu but they lived in different places and environment.

However, I felt dreams and romanticism in it. We had night capmeeting everynight talking about people we met, challenges we have. It is the most pleasant memory now.

Good thins is that WUB is able to provide scholarship to support South American students to East-West Center. It’s a great thins WUB had done and hope we can continue.
One certain time, Kanehide Corporation imported Wine from Argentina.It was very good wine and I am sure it was a great promotion Argentine Wine to Okinawan in Okinawa.

That was at Oscar Nagamine was President of WUB Netowrk, WUB declared a declaration of “Peace Economy” Statement. I think tt was very good mission to achieve for WUB.
In the early period, issues of “Customs and Duty” and “Transportation” made business impossible, but in these days, I believe politics will find a way to solve it.

Example of failure is the”WUB Invetment Company”. The purpose of establishment company was realization of the dream of members. However, due to the banker prepared outline, the condition were strict, the borrowers also had problems with earnings and could not do anything.
We settled the investment and ended the company. I regret that not having chased ideal alone, but I should have been more realistic.

Whenever I meet with people in hawaii and I found they are flexable in everything. I hope I would be like them.

— posted by admin at 10:55 pm  

Created in 0.0674 sec.


prev
2017.10
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31